“ビーズ工房 コンテ・タンタン”今日の工房  

これもガーネット

f0129610_16512468.jpg


真黒ですね。(苦笑)
黒過ぎて、宝石としての価値は低いのかもしれませんが
この存在感。好きです。

f0129610_16521230.jpg


アルマンディン・ガーネット
鉄ばんざくろ石

光をあてれば・・・ガーネットらしい色が見えるでしょ?

f0129610_16114471.jpg


こちらはレインボーガーネット。
もろい石なので、穴をあけてビーズにするには向いていません。
結晶も小さいので、アクセサリーになるのは、なかなか難しい石です。


赤い柘榴色の石、という印象だったけど、
実は沢山の色があるガーネット。
最近は、ビーズとして流通することも多くなり
楽しみが増えました。

ガーネット。
深い石ですね。







硬度が高いガーネット。
紙やすりの原料として使われていたのですって。

ヴィクトリア女王が即位した頃、赤いガーネットのカボションが流行しました。
アンティークショップで出会ったリングは、指にのせると
それはそれは美しく・・・
ガーネットという石が、ちょっと地味な石と思っていた私には
衝撃的な美しさでした。

アンティークジュエリーで使われているデマントイド・ガーネット。
産出量が少なく、希少なグリーンのガーネットです。
美術館のガラスケースの中に飾られていたネックレス。
ため息しか出ませんでした。



ガーネット。
本当に深い、深い石です。
[PR]
by conte-tantan | 2010-10-31 16:36 |