“ビーズ工房 コンテ・タンタン”今日の工房  

<   2010年 08月 ( 20 )   > この月の画像一覧

夏の終わりに

f0129610_19523642.jpg


数年前の、清水の花火大会。
撮影は父。

娘の、最後の宿題のお手伝い中に見つけました。(苦笑)

クリックすると、大きくなります。
花火の手前に写っているのは、ヨットのマスト。
清水の花火大会らしいでしょ?^-^
[PR]
by conte-tantan | 2010-08-31 19:55 | etc

夏休み最終日

夏休み最後の一日。

f0129610_1728428.jpg


工房は明るい夕日に染まってます。
日が短くなりましたね。

明日からは新学期。
みんな宿題終わったかな?

楽しいこといっぱいの2学期になりますように。^-^
[PR]
by conte-tantan | 2010-08-31 17:32 | etc

出土ウラン

f0129610_231362.jpg


ウランガラス
真鍮

このウランガラス。いつものと、ちょっと違います。
作られた時期は、1800年~1900年代初頭。
でも、その後いったん土の中に戻りました。
そしてまた、姿を見せたビーズ。

そう、出土玉なんです。

表面や穴が、少し風化した玉があります。
その為、ドゴンドーナッツのように
中から染み出すような、
なんともいえない輝きを感じる玉もあります。

ちょっとした、時のイタズラ・・・

good job!
[PR]
by conte-tantan | 2010-08-30 23:09 | ビーズ○。

雫を集めて

f0129610_2251429.jpg


 ウランガラス 
 メタルシード
 ボタン 
 真鍮

f0129610_2264755.jpg


コロコロと可愛らしいウランガラス。
あえてサイズを揃えることはせず、ランダムに並べてつなぎました。

ガラスのアンティークボタンを留め金に。

白葡萄の果汁を集めて、ビーズを作ったら・・・
きっと、こんな色になるんじゃないかと思います。
瑞々しい色です。
[PR]
by conte-tantan | 2010-08-27 00:23 | ビーズ○。

ウランガラス・小粒のラウンドetc

f0129610_1953080.jpg


5mm前後のウランガラス。
沢山つないで、ネックレスにします。
[PR]
by conte-tantan | 2010-08-25 19:08 | ビーズ○。

アンティーク・ブラスと石 -2-

f0129610_1323780.jpg


アンティーク・ブラス
アンティーク・シード
   共にインド

アンダリューサイト

f0129610_132486.jpg


サファイアを使用したロングネックレス

グリーンのロングネックレス

上質なスパイスとなる、1本だと思います。
[PR]
by conte-tantan | 2010-08-23 00:23 | ビーズ○。

アンダリュサイト

f0129610_15213993.jpg


アンダリュウサイト (紅柱石)


鉛丹色  つよい黄みの赤
鳶色   暗い黄みの赤
黄丹   つよい黄赤
肉桂色  くすんだ黄赤
檜皮色  暗い灰みの黄赤
海松色  暗い黄緑

明るいオレンジから、茶色まで。
ちょっぴりグリーンも感じるグラデーション。

日本の色で表すと、こんな感じでしょうか・・・

穏やかな色味の石です。
でも、きっと映える色になると思います。


メールについて。

留守中に頂いたメールの中に、
スパムとして別のフォルダーに分けられてしまったものがありました。
同じアドレスで、いつも受信していたのに・・・
何が違ったのでしょう?

今回は、たまたま削除する前に気がついたのですが、
もしかしたら、見落としてしまったメールがあるかもしれません。
頂いたメールには、お返事をするように心がけています。
もし、返信が無い、という時は、
お手数をおかけしますが、もう一度送信して頂けたらと思います。
よろしくお願いいたします。

便利になったけど
う~ん。うまく使いこなせないと、怖いなぁと思います。。。
[PR]
by conte-tantan | 2010-08-19 15:44 |

みんなで

f0129610_1817153.jpg

実家は、静岡の清水なので。
今日は、みんなでお寿司です。(^-^)
[PR]
by conte-tantan | 2010-08-17 18:17

ちょっとお休みです

f0129610_15303389.jpg

暑いですね〜
今日と明日、実家におります。
メールの返信等、少々遅れます。
ご了承下さいませ。
[PR]
by conte-tantan | 2010-08-17 15:30

ラダック

Days in Ladakh
         そして人生はつづく


ラダックの風景を切り取った写真を見た時、
この風景の中に立つ自分を想像していた。

以前は、「インドに行きたい」って、思うことがあるなんて
考えもしなかった。
でも、今は行ってみたいと思う。

いつか、ラダックに行ってみたい。

そんなラダックに起こったこと。

ラダックに起こったことを、一番に伝えてくれたのは
こちらのブログ。
チベットNOW@ルンタ



私に出来ることは、限られていると思う。
出来ることの一つは、伝えることだと思うから。

知ってほしいと思います。
[PR]
by conte-tantan | 2010-08-16 23:24 | etc