“ビーズ工房 コンテ・タンタン”今日の工房  

<   2008年 03月 ( 27 )   > この月の画像一覧

ターシャ・テューダー展

銀座松屋で開催中の「ターシャ・テューダー展」に行ってきました。
ローラ、アンの世界そのままの暮らし。
そのお庭は、もうなんとも言えない素晴らしさ!

なかなか真似をすることは出来ない暮らし方ですが
好きなこと、好きなものを大切にする。っていうことは見習いたいと思います。
あぁ~素敵でした。

同会場で開催中の「ハンドメイド・アクセサリー展」にも立ち寄りました。
「ジャスミン」ブースでambellirさんジャスミンさんにご挨拶。
それぞれの個性が光る作品が沢山です。
もう、明日が最終日ですが・・・(すいません)お時間がありましたら是非。

素敵な物を堪能したあとは、地下に降りて美味しい物探し。
銀座松屋に行った時は、オリーブを買って帰ります。
オリーブマーケット
沢山の種類のオリーブがあって、いつも迷ってしまいます。
[PR]
by conte-tantan | 2008-03-30 23:15 | ときどき、お外

イシコロ・ゴロゴロ

製作中のキット。
なかなか封を閉じれなかったのは、写真を撮れなかったから。
昨日、やっと撮影し、幾つか完成!致しました。
ほぉ~。

で、タイトルの石ころゴロゴロなんですが。(^_^;)
今回の私的テーマの一つが「ヒカル」でして、ウランガラスのビーズを多用しております。
そのテーマにそって、ルビーインフックサイトをあわせたネックレスを作りました。
(ルビーは、ブラックライトで蛍光発色するんですよ。)

そのネックレスを撮影しようと思い・・・ふと思い出した石達。
がさごそと探し出したら、出てくる、出てくる。
さすがに自分でもあきれました。(爆)

前置きが長くなりましたが。

f0129610_2482781.jpg


清水の海岸で拾った「ぶどう石」と呼んでいる石。(プレナイトとは、まったく違います!)
父達は、「よもぎ石」と呼んでたそうです。
深緑の中に、雲母がキラキラしているような石です。
その上に置いてみました・・・
さすがに、これは使えないでしょう。ということでキットへは違う写真を選びましたが
せっかくなので、この写真もUPしちゃいます。

海岸に行ったら、当たり前のようにしゃがみこみ石拾いに興じるfujiです。

さて、ネックレスの解説も少しします。(一応、ビーズサイトですし)
ルビーインフックサイトをトップに、3色のウランビーズをピンワークで繋いでいきます。
間に、メタルパーツを入れてポイントにしました。
使いやすいデザインですが、ブラックライトの下では大きなサプライズがあると思います♪
[PR]
by conte-tantan | 2008-03-30 03:01 |

枝垂桃

f0129610_13563941.jpg

辛夷も桜も満開。春爛漫です。
桜の季節に、もう一つ咲く可愛い花。
枝垂桃です。

桜並木も満開で綺麗らしいのですが・・・まだ行ってません。
葉桜になる前に行きたいです。
[PR]
by conte-tantan | 2008-03-29 13:56

たくさん咲いた

f0129610_1591724.jpg

先日の桜の木、きれいに咲きました。
[PR]
by conte-tantan | 2008-03-27 15:09

アクアマリン・ロック

f0129610_1061229.jpg


「さざれ」じゃなくって、ロックです。
氷河の氷はこんなかな?

薄荷の入った氷砂糖があったら、こんなかもしれません。

↑食いしん坊な発想。美味しそうです。

このアクアマリン。ネックレスに使ってキットを組んだのですけど・・・そのお話。
私、間違えました。
間違えた?勘違い?というより、何考えてたの?

数、全然足りず・・・

時々やります。数の間違い。
「計算間違えが多い」にチェック入れられた通信簿を思い出します・・・

買い足したいと思いましたが、こういった形って、売り切れたらもう無いんですよね。
もう、無かったです。。。

どうしようかと悩みましたが、やっぱり使いたいので、
少しだけですが、この「ロック」を使ったキットを組みました。

「ロック」は買えなかったけど、優しいカットと色合いの「ラフ・ボタン」が買えたので
そちらでも、少しキットを組みました。

キット。少しずつ仕上がってきました。
まだまだ、封をしたのは無いのですけど。(苦笑)
どのキットも、本当に少しずつしかご用意出来ないのですけど、
いつもとは、ちょっと違う素材で、ビーズを楽しんでもらえたら良いなと思っています。

もうすぐ4月ですね・・・
[PR]
by conte-tantan | 2008-03-26 10:24 | ビーズ○。

もう一度、書く!

ここはビーズを楽しむ方々が訪れる場。(だと思う。)
だから、正直書くべきではないのではとも思う。
でも、書く。
やっぱり、少しでも多くの方に見て欲しいと思います。

チベット総合情報・・・I love TIBET!
ダライ・ラマ法王日本代表部事務所
チベット・サポート・ネットワーク・ジャパン(TSNJ)

チベット関係のブログ、つながらない所がありました。
驚きました。
伝えようとしている人々の声が、伝わらない。。。

今起こっていることに、興味を持って欲しいと思います。
多くの方が、興味を持つことで、きっと変わることもあると思います。

もう、殺さないで欲しい。
拘束された人々が、体も心も傷つけられることなく、家族のもとに帰れるようにと願います。
失われた命が、無駄にならないようにと願います。


*******************************************************

↑のブログ。見れるようになりました。
私の勘違い。焦るな、fujiって感じです。
でも、知って欲しいという気持ちは変わりません。
興味を持ちましたら、各サイトをご覧下さい。
私も、見続けていこうと思います。
[PR]
by conte-tantan | 2008-03-25 16:46 | etc

桜が咲いた

f0129610_1633429.jpg

工房から1番近い桜の木。咲き始めました。
今日は雨模様なので、またまた暗い画像です。m(__)m
もう少ししたら、桜並木の画像をお届けできると思います。
近くにあるのです。素敵な桜並木が。
開花が楽しみです♪
[PR]
by conte-tantan | 2008-03-24 16:33

進歩

東京は、暖かな一日だったようです。
でも、fujiは工房にストーブ焚いて引きこもってます。
(お日様が当たらないので、と~っても寒いのです。)

キット用レシピ、頑張って書いてます。
ちょっとですが、上達しました。
進歩です!

ビーズの色変えたら見やすいかな?とか
ここ、もうちょっと説明加えてみる?とか
画像、大きくないと見えないよね?とか

なんだ、かんだと・・・ネッティングのブレスレットはレシピ3枚になりました。(苦笑)
多過ぎでしょうか?
でも、出来るだけ分かりやすく、迷わないようにと思っています。

進歩したけど、糸の進みはPCでは書けず・・・
マジック&カラーコピーに頼ろうかと思います。
どんな手法でも、伝わることが大切。ですよね?
ちょっと、かっこ悪くても。(^_^;)

もう一息。“スグリ”を腕に頑張ります!

f0129610_18511660.jpg


腕が太いのは、許して。。。
[PR]
by conte-tantan | 2008-03-23 19:02 | etc

ビーズ・ビー Vol.4 掲載 “eye”レシピについて

平成16年1月発行のビーズ・ビーですが・・・

掲載して頂いた“eye”のレシピ。補足があります。
以前のサイトでは、アップしていたのですが、
リニューアルの時外してしまい、そのまま・・・すいません。
昨夜、もう一度アップしようと思いましたが、そのページ見つからず。
新たに作りましたが、そのページも上手くアップ出来ず。(何故?ビルダーさん!)

とりあえず、こちらに書きます。。。

“eye”は、ロシア天然石をブリックステッチで包み込むようにして仕上げます。
ブリックステッチのモチーフを編んだ後、
下記の図で赤く示したビーズ(モチーフの縁の部分のビーズ)
全てに、ぐるっと糸を通して縁を引き締めます。

f0129610_1264998.jpg


この部分を引き締めることにより、モチーフの縁がロシア天然石にそいます。

もう随分前の作品ですし、現在ではロシア天然石も手に入りにくいかもしれませんが、
もし、作ってみようと思う方がいらっしゃいましたら、ご参考になさってください。

f0129610_12245142.jpg

[PR]
by conte-tantan | 2008-03-23 12:26 | ビーズ○。

ネッティングその後

先日のネッティングのブレスレット
こんな風になりました。
まずは同じようなアングルで。

f0129610_12345832.jpg


ブルーレースを、グーズベリーに換えました。
(19~20cヴェネチアン 可愛いビーズです♪)
サイズもちょっと小さいし、このビーズの繊細さも活かしたい・・・
ということで、パターンも少し変更。
8?7?6?5?数との戦いですね。オフルームは。(苦笑)
クリアのシャルロットビーズも少し添えました。

f0129610_12412668.jpg


パッと見た時に、インパクトがある。とういうビーズではありませんが、
じっくりと染み入ってくるような、眺めていたいビーズです。
日本語として、変かしら?
伝わるかな?

丸小は、1950~70年代の広島ビーズ。
ヨーロッパからの里帰りビーズです。
綺麗な藤色です。
最初、肌の色にあうかな?と少々不安でしたが、
私の黄色い肌でも大丈夫でした。
本当に、ビーズは懐が深いと感じます。

まだ、金具が付いていません。
完成までもう少し。
[PR]
by conte-tantan | 2008-03-20 12:52 | ビーズ○。