“ビーズ工房 コンテ・タンタン”今日の工房  

絹糸を編む

f0129610_22502171.jpg


久しぶりに、絹糸を編み上げてネックレスを作りました。
トップは、チンシルバーで。
ネックレス部分は、インドのアンティークシード。
留め金は付けずに、絹糸を通したビーズをスライドさせて
長さの調節をして頂きます。

蝋引き紐と絹糸。

どちらにも良いとこがあります。
絹糸の良いとこは、何といっても色が豊富。
絹は、染めた時の発色が良い素材ですものね。

紐の色も一つの要素として、楽しんで頂けるように
仕上げたいと思います。

今夜、もう一つ仕上げる予定。
なかなか良い感じに進んでいます。^-^






web shopで販売中の、蝋引き紐のアクセサリー。
こちらの紐も、一つ一つ、ビーズの穴の大きさにあわせて、編んでいます。
(天然石のリングキットのみ、編み上げられた紐を使用しています。)

なぜ、わざわざ編むの?とお思いになりますよね。

理由は、手にとって頂けたら分かると思います。
手作業で編まれた紐と、機械で編まれた紐。
その表情の違いは、作品の仕上がりにも違いを見せると思うからです。

こちらの紐は、とても丈夫です。
リングやブレスレットとして、濡れても平気です。
でも、あわせている石やビーズの中には
濡れることに弱い物もありますので、お気を付け下さいね。

ずっと身に着けていたいアクセサリーには、
とっても向いている素材だと思います。
[PR]
by conte-tantan | 2011-04-23 23:10 | ビーズ○。